自由研究

目次へ戻る

簡単コース 3.植物に適した環境を検証する

用意するもの
  • ・鉢植えの野菜の苗 3コ以上
    園芸ショップで1鉢100−200円くらいで購入できる。
  • ・カメラ
研究方法
  1. 同じ種類で発育状況が同様の野菜の苗を3鉢以上購入する。
    ナス、きゅうり、トマトなどこの時期に手に入る野菜苗であれば何でも良いが、購入時に発育状況がそろっていることが大切な条件だ。
  2. 日当たりの良い場所、日陰、エアコンの効いた室内など、極端に異なった環境で、おなじ量の水、肥料などをあたえて観測を続けよう。
  3. 3日に一度とか、時間の間隔をきめて、おなじ場所に鉢を並べて写真を撮り状況をレポートしよう。
    写真を撮りおわったら、すぐにもとの環境に戻すことを忘れずに。

環境が違うと植物の成長に差が出ることを観察します。
植物に適した環境では植物の成長が順調で、環境が適していないと成長が遅れることが多く、最悪の場合は植物が枯れてしまうこともあります。
植物にはそれぞれ適した環境が必要であることを検証、学習します。

注意 : 野菜はタネから育てても良いですが、タネの場合、発芽までの成熟度にばらつきがあるので、ある程度同じ条件まで育った苗のほうが正確な観察が可能です。

前の実験へ次の実験へ